WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山シティホテル

2棟目「厚生町」を着工 19年3月開業目指す

  • くわ入れする梶谷社長

 岡山木村屋グループの岡山シティホテル(株)(岡山市桑田町3-30、梶谷博則社長、資本金2000万円)は、10月11日、岡山市厚生町3-24-1の自社所有地で、「岡山シティホテル厚生町」の建設に着手した。オープンは平成19年3月の予定。

 当日は梶谷社長、施工業者ら関係者約20人が出席して起工式が行われ、工事の安全を祈願した。

 建設場所は、岡山商工会議所ビル西隣。3248平方メートルの敷地に鉄筋コンクリート12階(延べ9456平方メートル)の規模。客室数は320室(シングル260室、ダブル20室、ツイン40室)で、「桑田町」と合わせて626室と県下潤・となる。

 少人数の研修・会議・セミナーなどに使える会議室を11室(14~70人)、150席の大型レストラン、ベーカリーショップを設けるほか、自動車での利用を見込み5階建ての自走式駐車場(203台収容)も整備する。目標稼働率は70%で、初年度売上高10億円を目指す。総事業費は25億円。

 同社では、11年4月にオープンした「桑田町」が稼働率70%以上と好調なほか、JR北長瀬駅の開業などで今後の周辺開発が見込めることなどから2棟目の建設をきめた。

PAGETOP