WEB VISION OKAYAMA

ニューフェイス(株)パソナ岡山 倉敷支店長 八木利明氏

タイムリーな対応に全力 売り上げ100億円の達成の一翼担う

 「当エリアの派遣スタッフの登録件数は、従来の3倍のペースで推移。予想はしていたものの、それを大きく上回る好数字に、正直驚いているところです」-。倉敷支店は9月26日、JR倉敷駅にほど近いビルに開設。2フロアのうち、1フロア全てを面接、登録、研修など派遣スタッフのスペースに充て、駐車場も15台分確保した。当面大丈夫のよう、余裕を持たせたはずの施設が、既にフル稼働の活況を見せている。

 「車関係など製造業が多く、需要が急増している有望市場」という同支店のエリアは倉敷、総社を中心とした県西部。「拠点を設けることにより、よりタイムリーな対応ができる」とし、需要増に応えようと質の高い派遣スタッフの獲得・供給に全力を上げる。支店開設以来、派遣スタッフの新規登録は目標の2倍に当たる月間200人のハイペースにあり、派遣先企業50%増達成への大きな自信となっている。

 12人でスタートしたが、手が足りず本社からの応援でしのいでいる。その社員には「多くのお客様に接し、話を聞くこと、そして多くの仕事を経験することが大切だ」と訴える。現在、プライバシーマークの取得に取り組むなど社内整備に努める一方、人材紹介など新業務の導入に力を注ぐ。同社は2010年売上高100億円の達成を目指しており「その20%、いや25%を担える支店に」が目標だ。

 やぎ・としあき 岡山市出身。昭和61年松山商科大学経済学部を卒業。建設資材販売会社を経て、平成2年入社。本社営業部長を兼務。趣味は金魚の飼育に水泳。岡山市内の自宅に典子夫人(46)と子供2人の4人暮らし。43歳。

本誌:2005年10.17号 21ページ

PAGETOP