WEB VISION OKAYAMA

巻頭特集岡山市長選

高谷市長就任会見―「軸のぶれないビジョンづくりを」

  • 就任の抱負を語る高谷氏

 岡山市長選に当選した高谷茂男氏は、10月11日、市役所に初登庁し、記者会見で就任の抱負などを語った。

―市長として初めて市役所を訪れた感想は。

「正直少し緊張しています。職員と共に力を合わせより良い街にしていこうと改めて認識しています。岡山市の職員は有能な人材が多く、働きがいのある職場作りを進め、彼らの能力を最大限に引き出すのが私の役目です。また議会各派にもあいさつしてきました。きっとご協力を得られるものと思います」

―「官」から「民」へがキャッチコピーでしたが。

「市制を株式会社とすれば市民は株主です。投資(税金)に対し最大の利益(サービス)をどう提供できるか議論するのが議会です。私は社長(市長)として強力なリーダーシップで議会をまとめ効果的な方法を考えていく立場です。職員や市民の生の声を聴いた上で積極的に取り入れていくことや、効率化に向けたチェック機能の強化が必要です」

―政令指定都市について今後の方針は。

 「政令指定都市はなることではなく、なってどうなるのかが肝心で、それに向けたビジョンの策定が急務です。また数合わせでなく住民と協調・合意を図りながら合併を進めるなど周辺地域の不安解消も大切です。中四国州が実現すれば拠点都市も目指したい。都市間競争に負けないよう岡山のイメージを作り上げ市民と共に定着、アピールが必要です」

―ビジョン策定の方向性は。

 「福祉問題、高齢者対策、教育改善などを基本に、それに向けた負債削減などの行財政改革を進めます。ビジョンは数年程度でつくれますが街づくりは10年単位の時間がかかるので、トップが代わっても軸がぶれない明確なビジョンを市民と対話しつつ策定したい。小規模な地域問題なども住民意見が対立しないよう議論できる土壌づくりに努めたい」

―国家レベルでも公務員の削減が話題になっていますが。

「今後の少子高齢化や税収減を考えれば行政のコンパクト化は必要で、ビジョンに沿った布石づくりを進める。官と民の役割分担意識を明確にして効率化を図りたい」

―最後に一言。

「私も一市民です。岡山が活気ある楽しい街、人が定着する街になるよう一生懸命やります。応援よろしくお願いします」

本誌:2005年10.17号 5ページ

PAGETOP