WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルライト電業

中四国4県で展示会 メーカーにPRの機会提供

  • にぎわう岡山会場

 ライト電業(株)(岡山市当新田67-1、岡本典久社長、資本金4500万円)は、このほど、岡山、広島、高松各支店で開催していた「ライト電業オリジナル展示会」を拡充。社外のコンベンションホールでの開催に切り替え、メーカーの展示機会創出に努める。

 本社内の岡山支店が物流センター開設で手狭となったことを機に、取り組むもの。取引先の工業コンピューター(FA)メーカーなどの地方での展示機会が少ないことから、同社の展示会を活用してもらおうと呼び掛けている。

 10月7、8日に岡山市問屋町15-101のオレンジホールで開催した岡山会場展示会には、FAメーカー、産業用ロボットメーカーなど41社が参加し約700人が来場した。

 同15日にはサンメッセ香川(高松市)、同21、22日には広島県立産業会館(広島市)で開催。同13日には、初めて松山市(アイテムえひめ愛媛国際貿易センター)で展示会を開いた。

 同社は、今後2年に1度のペースで岡山、広島、高松とそのほかの1都市で展示会を開催したいとしている。

PAGETOP