WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山スポーツ会館

AEDで救命を

 (株)岡山スポーツ会館(岡山市) 9月29、30日の2日間、岡山市絵図町1-50のOSKスポーツクラブ岡山で、社員を対象にAED(自動体外式除細動器)の救命講習会を開催。岡山市北消防署の署員が扱い方などを解説した。AEDは、電気ショックで心室細動を取り除き、生存率を高める医療機器。厚生労働省は、これまで取り扱いを医師と救急救命士のみに限定していたが、昨年7月から緊急時には一般でも使用できるようにした。心室細動は発症から3分以内に措置すれば約75%が助かるとされ、最近では、愛知万博で心停止や呼吸停止状態になった50歳代の男女が命を取り留めている。

PAGETOP