WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル中小企業庁

創業補助金の第3回公募 県下3カ所で説明会開催

 中小企業庁は、地域需要創造型等起業・創業促進事業(創業補助金)の第3回公募を始めた。

 新たに起業・創業、第2創業を行う女性や若者に対し、経費の一部を補助する、昨年度補正で予算化された事業。計画を補助金(補助率3分の2)と金融機関からの融資で賄う。

 募集期間は12月24日までで、10月21日までの受け付け分は先行して審査する。10月7日午後1時半からテクノサポート岡山、8日同1時半から倉敷市民会館で、それぞれ公募説明会と個別相談会を開く。

 第2回公募では全国で1920件採択され、岡山県分は56件。緊急経済対策で導入された同補助金は今回の公募が最終となる見通し。問い合わせは県事務局の(公財)県産業振興財団中小企業支援課(電話086-286-9626)へ。

 第2回採択結果は次の通り。

 【地域需要創造型起業・創業】仲原正裕=郊外型、高感度製パン小売店の展開▽豊森雅美=「会話と食事」をコンセプトにした“てっぱん屋”の展開▽納所裕美子=地域アートを軸にしたプロデュースと芸術・文化人教育の事業展開▽高田尚吾=地域に根ざした最先端医療の提供・予防治療を中心とした歯科医院の創業▽橋本光則=土木建築コンサル業▽采田倫明=パン製造小売業を核とした地域コミュニティ形成事業の実施▽石川貴宏=素材にこだわり、健康に優しく、家族が安心して食べられるパン・洋菓子の製造販売▽古城洋次=マタニティCDの製作販売▽坂川順一=美星町特産品のごぼうを活用した新商品開発▽中藤貴雄=戸建て住宅への参入▽守永一彦=地域と連携した心豊かな介護事業の実施▽松下陽子=夢支援型シェアハウス「パタン・ランゲージアパートメント」の運営▽大島秀彰=地元産業発展のための可能性と新たな試み▽永宮英紀=ものづくりと小売店・消費者をつなぐ▽花岡央=ガラス製品製造・販売▽富田英嗣=非開削技術の推進工法に特化した下水道工事の展開▽佐倉千恵子=自家製の米と桃太郎ぶどう等を使ったパン・菓子工房の展開▽土屋典子=女性スタッフによるお墓のクリーニング&光触媒メンテナンスの実施▽藤尾修平=岡山+「新」建築システムによる建築請負工事の実施▽滝澤輝治=中小企業経営力強化に特化したビジネス・ソリューションの提供▽熊谷和明=環境へ配慮した特殊素材のコンクリート補修材等の製造販売の展開▽網永武史=地産食材を使用した創作料理を提供する和風居酒屋の展開▽佐藤圭一=地場工務店による地域に密着した携帯電話アンテナ基地局設置、メンテナンス事業の展開▽茨木敏雄=古民家廃材を活用したリサイクル資材の開発と廃材処理業務の効率化▽中村哲哉=昼:日本茶カフェ、夜:ウイスキーバーを行う飲食店展開▽佐藤大護=休耕田の管理代行及び有効活用支援事業の展開▽小林尚未=英会話カフェ&バーの運営と英語教授・多言語家庭教師の派遣等▽高田聖次=輸入家具のイージーオーダー販売によるライフスタイルの提案▽岡本滋=鉄板焼き及びお好み焼き店の展開▽吉形知香=思い出作りを応援する激安デジカメプリント事業の展開▽松島功美子=「お金・知識・スキルを増やし人生設計を後押しするスクール」の展開▽山本嘉雄=機能訓練特化型デイサービス事業への進出▽信平真吾=児島地区で織った、先染めの帆布生地に特化した事業を展開▽河井七美=岡山の商品を全国へ▽森田富士子=ヨーロッパの「通な人が知る」希少価値の高いワインの輸入販売展開▽山田安次=便利屋を開業▽松下由緯=地域の方のおやつになるような洋菓子の販売▽小原忠士=医療・美容・教育を統合する小原トリートメントセンターの展開▽渡邊幸治=e-ラーニングを活用した地域密着型学習塾の実施▽丸川博之=インテリア空間デザイン提案型の内装工事と小規模リフォーム工事の展開▽久保田浩二=地域ITベンダーと連携したマネジメントシステム認証対応Webラーニングの開発と提供▽江草逸恵=限界集落からの挑戦!地域の“恵み”を詰め込んだ商品の展開▽望月孝太郎=生搾りジュース用の野菜・果実販売事業の展開▽中江大将=美と健康を意識した料理を提供する居酒屋の開店▽小俣行夫=肥料・農薬をまったく使用しない自然栽培品を生産・加工して販売▽中本きよみ=晴れの国の瀬戸内海をちょっと豪華に・おしゃれに瀬戸内クルージング事業の展開等▽柴田千博=鍼灸院の開業▽福井昌子=子供の夢を具現化する地域密着型洋菓子店の展開▽二宗朗=岡山県西北部では唯一の電気設備設計事務所の開設▽有元敬子=「美と健康と香りの癒し」のサロンと訪問型セラピー事業の展開▽神農志成=地域密着型家屋販売と快適な居住空間を提案するリフォームの展開

 【第2創業】㈱アイ・サポート=水道事業体向けモバイルGISの開発と販売▽旬菜魚庵 福よし=体験農園による農業コミュニティの確立と飲食店のノウハウを生かした野菜の6次産業化▽㈱サムシングフォー=倉敷美観地区の歴史的建造物を活用した「和」と「洋」、「旧」と「新」を融合させたウェディングホールの展開▽㈱フードショップ スミダ=地元野菜と果実を組み合わせた低糖度ジャム製品等の製造販売

 【海外需要獲得型起業・創業】石谷祐一=特殊セメントモルタル用混和材の設計および輸出事業の実施

本誌:2013年10.7号 14ページ

PAGETOP