WEB VISION OKAYAMA

話題ピープルソフトウェア

スマホかざして名画ゲット スタンプラリーで催事支援

  • 名画ゲットで特典

 ピープルソフトウェア㈱(倉敷市阿知1-7-2、木暮知彦社長、資本金9800万円)の電子スタンプラリーシステム「スタいこねっと」が、倉敷商店街振興連盟と大原美術館のコラボアートイベントの集客策に採用された。

 イベントは来年1月31日まで商店街を同美術館所蔵の名画の複製品でアート空間に変える「商店街まるごと美術館」。約110カ所の展示ポイントで携帯電話、スマートフォンを使い位置登録すると名画の画像をスタンプとして獲得できるもので、10種類集めると大原美術館の電子割引券に加え倉敷帆布のバッグや地酒など倉敷の特産品が当たる抽選権をゲットできる。

 会期は3分割し、各期間で集める画像を変更。特産品は期間ごとに抽選する。

PAGETOP