WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルテイツー

「アイ・カフェ」事業を分割 9月12日愛知のカジ社へ

  • 県下でも4店運営中のアイ・カフェ

 「古本市場」など運営の㈱テイツー(東京都港区芝公園2-4-1)は、9月12日、インターネット・コミックカフェの「アイ・カフェ」事業部門を会社分割、ネットカフェの㈱カジ・コーポレーション(愛知県一宮市)が承継する。

 アイ・カフェは2002年2月、岡山市内に1号店を出店以降、店舗網を拡大。現在は直営15店、FC14店を展開し、同事業の年間売上高は17億3303万円、営業利益6597万円(2011・2期)。増収基調にあったがカジ社から事業譲渡の打診があり、核の古本市場事業の強化を図る中で譲渡する方針を固めていた。8月10日には、分割した同事業をカジ社が吸収する分割契約を締結した。実質的な譲渡額は4億3600万円。

 同社は1971年設立。ネットカフェのほかCD・DVDレンタル店などを運営し、年間売上高は約133億円(同)。

本誌:2011年8.22号 12ページ

PAGETOP