WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル大和マルヰガス

災害時の「中核充填所」に LPガスの強み生かし地域貢献

  • 災害時対応中核充填所に指定された吉備営業所

 LPガス販売などの大和マルヰガス㈱(岡山市北区東島田町1-2-27、山本敬史社長、資本金1000万円)は、このほど、災害時にLPガスを安定供給できる体制を構築し、国から「災害時対応中核充填所」に指定された。

 災害時に早期復旧できるボンベ設置型のLPガスの強みを生かそうと、経済産業省が設けた「石油ガス安定供給整備事業」に申請。吉備営業所(同区中撫川14)に自家発電設備やLPガス仕様車、衛星通信設備など必要な設備を導入した。

 今後もLPガス仕様車を増やすなど、より安定供給できる体制づくりを目指す。種谷圭一郎専務は「緊急時でも地域の人が安心して生活できるように尽力したい」と話している。

PAGETOP