WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルアイゼル経営研究所

起業をマンツーマン支援 成功報酬制で地域に貢献

  • 塩谷社長

 経営コンサルタントの㈱アイゼル経営研究所(岡山市北区辰巳14-125、塩谷健吾社長、資本金1000万円)は、4月1日、起業支援事業「Let’s take a step forward」をスタートした。

 対象は1年以内に起業を予定しているか起業後半年以内の創業者。起業前後の1年~1年半の間、月2回マンツーマンで指導。金融機関を納得させる説得力と実現性のある事業計画の作成から、販売・人事戦略まできめ細かくサポートする。

 開業資金の30%の自己資金を用意できることなどが条件。ビジネスの内容、起業の理由、夢などをまとめたレポートと面談で塩谷社長が審査し、年間1~2人を支援する。経営への責任感を持ってもらうため、成功報酬制とし、報酬額は初年度の経常利益の20%とした。

 来年創業25周年を迎えることから、地域経済の活性化に貢献しようと温めていた企画を実行に移した。塩谷社長は「パソコンや接客指導から事業を始め、多くの人の支援のおかげで300社以上の実績を持つコンサルタントに成長できた。将来性のある企業を岡山で誕生させることで恩返ししたい」と話している。

PAGETOP