WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルベネッセホールディングス

会長兼社長に原田泳幸マクドナルド会長

  • 原田泳幸氏

 ㈱ベネッセホールディングス(岡山市北区南方3-7-17)は、3月27日の取締役会で、代表取締役会長兼社長に、日本マクドナルドホールディングス㈱取締役会長の原田泳幸氏が就任する人事を内定した。6月21日開催の定時株主総会と取締役会を経て正式決定する。

 ベネッセHDは、学習塾との競合で会員数が減少傾向の通信教育講座「進研ゼミ」の立て直しへ、2013年7月から、コスト構造の改革、成長戦略の策定、カンパニー制と執行役員制導入など「グループ変革活動」を推進。6月から実行段階となる第2フェイズがスタートすることから、強力なリーダーシップを持つ原田氏をトップとする新体制への移行を決めた。

 代表取締役社長の福島保氏は同日付で同副会長、取締役会長の福武總一郎氏は最高顧問に就任する予定。代表取締役は福原賢一副社長を含む3人体制となる。

 原田泳幸氏(はらだ・えいこう)東海大学工学部通信工学科卒。アップルコンピュータ社長などを経て日本マクドナルドホールディングス会長兼社長などを歴任。3月25日付で同社代表を外れており、2013年6月からベネッセHD社外取締役。長崎県出身。65歳。

PAGETOP