WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルBtoBホールディングス

「サムライスクエア」本挌稼働 交流とグローバル化支援

  • 施設と支援体制をアピール

 ㈱BtoBホールディングス(岡山市北区駅前町1-8-1、仁科慎太郎社長、資本金9000万円)は、10月1日、入居する岡山新光ビル5階に本格コワーキングスペース「サムライスクエア」をグランドオープンした。

 コワーキングは、事務所や会議室などを共有しながら個々の仕事を行う共同ワークスタイル。サムライスクエアは広さ約240㎡で、シェアスペース(約30席)のほか、和室打ち合わせルーム、会議室、セミナールームなどを完備。地元企業情報を提供するコーナーを設置したほか、無線LANインターネット接続環境も整えた。運営会社はグループ会社の㈱ムサシキャピタル(同所)。

 施設を提供するだけでなく、セミナーや勉強会、交流会の定期開催にも注力。インキュベーション施設運営のNPO法人ビジネス・インキュベーター岡山(岡山市)と連携し内容充実を図り起業家間交流、グローバルネットワークなどを支援する。

 利用料は、入会金1万500円、月額1万1550円~。利用頻度の少ない人向けに入会金不要のプランもある。初年度会員目標は100人。

 オープニングセレモニーには、中小企業経営者、支援機関、地方自治体などから約100人が参加。ムサシキャピタルの矢野大輔社長が施設コンセプトなどを紹介した。

本誌:2012年10.15号 12ページ

PAGETOP