WEB VISION OKAYAMA

話題水島税関支署

水島税関支署だより 第1回 税関の仕事!

 貿易は、国内産業を発展させ、私たちの生活を豊かにします。

 日本は、世界の国と貿易を行っていて、毎日多くの貨物が輸出入されています。また、毎日大勢の旅行者が、たくさんの荷物やお土産を持って外国から帰ってきます。

 このように日頃行われている貿易ですが、守らなければならないキマリ(法律)があります。

 例えば、健康で安全な私たちの暮らしを害する麻薬やけん銃などは、国内に持ち込むことはできません。また、貨物を輸入しようとする人は、その貨物にかけられる関税や消費税などの税金を納めなければなりません。

 税関は、こうした法律が守られ正しく貿易が行われるよう、全国各地の港や空港で、外国に輸出される貨物や外国から輸入される貨物について、書類や貨物を検査しています。

 そのほか、麻薬探知犬やX線検査装置など使って、麻薬やけん銃などが国内に入ってくるのを防いでいます。
 
 今回から3回にわたり税関についての紹介をします。これを機に税関に対して、少しでも興味を持っていただければ幸いです。

*第2回は「水島税関支署について」をお届けします。

PAGETOP