WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山TLO

岡大発シーズを渡辺化学工業に移転

 岡山TLOは、11月14日、岡山大学発の技術シーズを渡辺化学工業(株)(広島市)に移転した。特許の名称は「新規蛍光性アミノ酸誘導体およびその製造方法」。ペプチド鎖、たんぱく質の生体分子の動態を調べる場合の蛍光を発するマーカーとして使用可能な誘導体で、新しい創薬の開発が期待されるもの。同社は可視光で励起する蛍光性アミノ酸誘導体などの実施許諾を受けており、今回の技術移転は同じ分野の製品品目を増やすのが狙い。発明者は岡山大学大学院自然科学研究科の瀧真清助手、宍戸昌彦教授。

本誌:2006年11.20号 22ページ

PAGETOP