WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[税] 年末調整について

Q 年末調整について教えてください。また、給与所得者でも確定申告の必要がありますか。

給与以外の所得20万円超は確定申告

A 給与所得者の所得税は毎月の給与やボーナスから源泉徴収され、12月に年末調整で精算されます。毎月の給与やボーナスから源泉徴収される所得税額は「給与所得の源泉徴収税額表」により算出されます。この源泉徴収はあくまでも概算計算ですから、源泉徴収された所得税の合計額は必ずしもその人が1年間に納めるべき所得税と一致するものではありません。このため、本来納めるべき税額との過不足額をその年最後の給与の支払いを受けるときに精算することになり、これを年末調整といいます。

 年末調整にあたり、給与の支払いを受ける人は、会社などに社会保険料や生命保険料などの各種所得控除額の金額を申告することになります。年末調整が終わった後、その年の12月31日までの間に扶養親族などの人数が異動したり、扶養親族の所得金額が会社などに申告した額と違っており扶養控除がとれない場合には年末調整のやり直しができます。年末調整のやり直しを行う時には、会社などに「給与所得者の扶養控除等異動申告書」を提出します。この年末調整のやり直しを行うことができるのは、その異動があった年の翌年の1月末日までです。

 給与所得者の大部分は「年末調整」によって1年間の所得税の納税が完了するので確定申告の必要はありませんが、次のような人は確定申告をしなければなりません。

 (1)給与の収入が2000万円を超える人(2)給与を1カ所だけからもらっている人で、給与所得や退職所得以外の所得金額の合計が20万円を超える人(3)給与を2カ所以上からもらっている人で、従たる給与の収入金額と、給与所得や退職所得以外の所得との合計額が20万円を超える人

 また、確定申告の必要のない人でも、次のような場合は確定申告をすると源泉徴収をされた所得税が還付されることがあります。

 (1)マイホームを住宅ローンなどで取得した場合(2)多額の医療費を支払った場合(3)災害や盗難にあった場合(4)年の中途で退職し、再就職していない場合

 ご不明な点がありましたら、お近くの税務署か税務相談室にお尋ねいただくほか、国税庁ホームページのタックスアンサーをご利用ください。

岡山東税務署
岡山市天神町3-23
TEL086-225-3141

本誌:2006年11.20号 29ページ

PAGETOP