WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 特許出願だけでは審査されません!

Q : 数年前、自慢の発明に関し特許出願したのですが、未だに
何の連絡も特許庁から来ません。

出願審査請求した出願のみ実体審査

A :以前お話しましたように、特許出願書類を特許庁に提出しますと、方式審査がなされた後、出願から1 年6 月経過後に出願公開( 誰もが出願内容を閲覧可能になります) が自動的になされま。しかし、その後の実体審査( 特許すべきか否かの審査) は、特許出願のうち、出願審査請求という特許出願とは別の手続がなされたもののみが対象になり、出願審査請求がされないものは実体審査にはかかりません。出願審査請求は、特許出願から3 年以内に行うことができますが、3 年を1 日でも過ぎると特許出願は取り下げられたものと見なされ( 取下擬制)、その出願に基づき権利を取得することはできなくなります。原則的には、出願審査請求がされた順番に出願が実体審査に付されますが、出願審査請求の時期と特許可否とは関係ありません( 特許可否の判断基準は出願日時で、出願審査請求日ではありません)。なお、中小企業や個人の出願であったり、既に製造等の実施がなされている等といったような早期審査の対象とされ得る所定条件を満たすものであれば、早期審査の申請をすることにより、他の出願より早期に審査が行われます( 早期審査申請から、通常、数ヶ月内に審査がされます)。

さて、ご質問の特許出願ですが、至急、出願審査請求を済ませているか確認してください。もし、出願審査請求をしておらず出願から3 年以内であれば出願審査請求をしてください。未出願審査請求で出願から3 年を既に経過していれば、誠に残念ですが、その出願に基づく特許権取得の途はありません。既に出願審査請求をしている場合や出願審査請求をこれからする場合でしたら、上の早期審査請求をするか、それとも早期審査請求なしに実体審査の順番を待つかも検討すべきです。

以上のように、特許出願をしても出願審査請求をしなければ、特許するかどうかの実体審査に付されず、さらに出願から3 年を徒過すると出願は取り下げられたものと見なされ、権利取得はできなくなります。このため特許出願から3 年という出願審査請求の可能期間は極めて重要な期間であり、十分な管理が必要です。なお、平成1 3 年9 月以前の出願は出願審査請求期間が出願から7 年でしたので、そのように間違わないよう十分注意してください。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2011年1.17号 19ページ

PAGETOP