WEB VISION OKAYAMA

話題岡山市内百貨店・初売り

客数5%増の岡山天満屋 高島屋は180周年前面に

  • にぎわう福袋売り場(天満屋岡山店)

 1月2日の岡山市内百貨店の初売り商戦は、福袋を求める買い物客が殺到し、一様ににぎわいを見せた。

 天満屋岡山店(岡山市北区表町2-1-1)では、福袋目当てに開店前約4000人の列ができ、開店時間を20分早めてオープン。7階福袋売り場中心に多くの買い物客でにぎわった。福袋約2万個(1050円~)を用意。エプロンやベビー用品などを集めた「育MEN福袋」や「全国ご当地グルメB級グルメ福袋」、「禁煙サポート福袋」などが初登場。B級グルメ福袋(3000円)は50袋が30分で売り切れる人気ぶりだった。パナホームと合同企画の高額福袋(2011万円)の住宅には20人以上が申し込み、抽選で1人が選ばれた。

 開店時の来店はほぼ例年並みながらも終日売り場はにぎわいを見せ、2日の来店客数は前年比5%増だった。

 一方、岡山高島屋(同区本町6-40)でも開店時に約2600人が行列し、20分程度早めて開店した。前年比10%増の福袋約1万5000個を用意。高島屋創業180周年にちなんだ福袋(1800円~)を多数用意し、両備ホールディングスとの資本提携記念のエコ福袋(太陽光発電システム、液晶テレビなどのセット)や、着物の福袋などが最高値・180万円の高額福袋だった。また、グループ全店計5組の南極クルーズツアー(180万円)には同店だけで5組の応募があった。

本誌:2011年1.17号 8ページ

PAGETOP