WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル全備

保湿手袋・ソックスを商品化 初のPBで化粧品事業の拡大目指す

  • 着用するだけで手に潤い

 建築・土木資材卸の㈱全備(岡山市北区新屋敷町1-10-28、竹原利彦社長、資本金1600万円)は、このほど、化粧品の自社ブランド「ポコアポコ」の「ハンドケアマスク」「フットケアマスク」の製造販売を開始した。同社初のプライベートブランド(PB)で、男性用など商品群を充実させ化粧品事業を拡大していく。

 ハンドケアマスクは、コラーゲン、ヒアルロン酸、シアバターなど保湿成分から成る美容液を含んだ手袋を着用。その上にビニールの手袋を10~15分間着用する。その間、美容液が体温により溶け、手に浸透し肌の状態を整える。フットケアマスクも同様。シアバター、ウレアなどを含んだソックスとビニールソックスを足に着用する。いずれも週1、2回の利用が効果的と言う。

 価格はいずれも380円。製造は韓国の業者に委託。日本への直輸入で価格を抑えた。

 販路は全備運営のマッサージ店「手もみ屋本舗」FC店のほか、全国のドラッグストア、量販店、雑貨店、美容施設などを今後開拓。並行して販売店も募集する。両商品で毎月2万枚の販売を見込む。

 美容の先進国である韓国では、フェイスパック以外に手や足などのパックが消費者に広く浸透している。日本でも美容への関心が高まっており普及が期待できることから、商品化を決めた。

 同社は、自社ブランドで展開するため、昨年7月に岡山県から薬事法に基づき化粧品製造販売業などの許可を取得した。

本誌:2011年1.17号 7ページ
関連リンク:全備

PAGETOP