WEB VISION OKAYAMA

話題岡山ガス

創業100周年で岡山市にベンチ寄贈 桃太郎大通りへ設置

  • 万成石を使ったベンチ

 岡山ガス㈱(岡山市中区桜橋2-1-1、岡崎彬社長、資本金4億円)が、創業100周年記念事業の一環で制作し、岡山市に寄贈したベンチが昨年12月27日、桃太郎大通りに設置された。

 岡山市中心部にゆっくり休息できる場所がないことから、記念事業として企画した。岡山市出身のデザイナー、水戸岡鋭治氏が、岡山市北区で産出される万成石や温かみのある木材と鉄、岡山ガスの築港工場や従業員宅にあった石などを素材に採用。設置場所の景観なども考慮し「子どもを意識し夢のあるベンチにした」(水戸岡氏)という。

 ベンチは全8基で、岡山駅前から城下にかけての通り沿いに5基設置し、残り3基も1月末までに設置する予定。

 岡山市役所で行われた贈呈式で、高谷茂男市長は「高齢化の進展で市街地のベンチは必要性が高く、70万市民を代表してお礼を申し上げる」と謝辞を述べた。

本誌:2011年1.17号 9ページ
関連リンク:岡山ガス

PAGETOP