WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル元川建設の本社跡

2月に地裁で期間入札 売却価額は5000万円

 (株)元川建設の本社事務所跡が競売にかけられ、岡山地裁で2月に期間入札が実施される。売却基準価額は5060万円。最低売却価額はその2割引き。入札期間は2月4~12日。開札は18日。売却許可決定は24日。

 本社跡は岡山市中区神下106-1、国道250号沿いに立地。敷地は1242平方メートル。建物は鉄筋3階、延べ600平方メートル。

 元川建設は、07年6月に同地裁に民事再生法適用を申請。その後再建策に取り組んだが、公共工事の縮小や不況の影響で受注量が確保できず再建を断念。昨年10月に破産手続き開始を申請した。

 同社は1968年10月設立。全盛期には売上高56億6100万円(99・8期)を上げていた。

PAGETOP