WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル秋山伸税理士事務所

3度目の経営計画発表会 3月1日から「経営塾」

  • 計画書の意義を力説

 秋山伸税理士事務所(総社市中央6-7-112)は、1月16日、総社市中央6-9-108の総社商工会議所で「第17期経営計画発表会」を開いた。

 税理士事務所自らが売上高、経常利益目標、経営方針などを明文化した計画書を作成・公表することで、その意義への理解を深め、中小企業の計画書づくりを促進するのが狙い。顧客ら約40人が出席し、「売上高1億円」など事務所の経営目標のほか、今後の運営方針などに関する説明に耳を傾けた。

 また、倉敷市在住のマラソンランナー貝畑和子さんが基調講演を行い、世界各地のウルトラマラソンへの参加エピソードなどを披露し「夢があるから一歩が踏み出せる。いろいろな人の夢を応援しながらこれからも走っていきたい」と訴えた。

 秋山伸税理士事務所は、3月1日から、総社商工会議所で「会社経営者・幹部・後継者のための経営塾」を開催する。

 12月までの全10回開催で、経営計画書づくりから損益計算書や貸借対照表の読み方などを学ぶ。受講料は1回2000円(総社商工会議所会員は1000円)、定員は30人。

 申し込みは同事務所(電話0866-94-3440)へ。

 日程は次の通り。

 3月1日(月)=利益計画書は何故必要か▽4月1日(木)=社長の仕事と心構え▽5月11日(火)=売上アップ 3つのヒント、ネット販売の現状▽6月1日(火)=未来会計図を営業戦略に生かす▽7月1日(木)=決算書の見方・資金繰り表の作り方▽8月2日(月)=資金別貸借対照表の作り方▽9月1日(水)=ランチェスター戦略について▽10月21日(木)=税務調査の本音、税務調査対策▽11月6日(土)=今までのまとめと自社の利益計画書の作成▽12月1日(水)=稲盛和夫氏の著書に学ぶパートⅡ

 ※時間は午後6時半~同8時半、11月のみ午後1時~同5時

PAGETOP