WEB VISION OKAYAMA

話題JRで行く、かにカニ日帰りエクスプレス

冬の味覚と温泉を満喫 日帰りで松江の魅力体験

  • 山陰・松葉ガニは今が旬

 JR西日本岡山支社は、冬の味覚・カニ料理を存分に味わえる「かにカニ日帰りエクスプレス」を発売している。JR往復きっぷと豪華な昼食がセットになったプランで、山陰エリア4地区10施設(岡山駅発着1万1000円~)と北近畿エリア4地区26施設(同1万2800円~)を用意。好みに合わせエリア、施設を自由に選べるのが魅力的だ。今回は松江・玉造温泉コースの「出雲神々縁結びの宿 紺家」で松葉ガニと温泉を満喫した。 (リード)

●カニ料理-1人3.5杯使いもてなし
 紺家では焼き、蒸し、鍋、生(刺し身)とカニのフルコースを味わえる。27歳の三宅輝料理長は「(山陰の松葉ガニは)ブランド化が始まったばかりで、兵庫県・城崎などに比べ安く仕入れられる」と1人当たり3.5杯使ったぜいたくなコースでもてなしてくれる。

 カニばかりが注目されがちだが、三宅さんは「カニは素材の味を生かせるようにシンプルな調理に徹する。むしろ料理という点では添えているトマトの天ぷらや、ワイン漬けのラッキョウなどを見てもらいたい」とメーン食材以外にもこだわる。地元特産の「ネッカ卵」や野菜など地元の食材をふんだんに盛り込んでいる。

●温泉-神湯と呼ばれた玉造
 庭園と露天風呂の宿・紺家は万病に効くと「出雲風土記」が伝える、神湯と呼ばれた玉造温泉の一角に立地。館内に屋内大浴場と露天風呂を各3つ備える。広々とした屋内浴場に加え、冬場の露天風呂では雪景色の中、趣深い入浴もできる。女風呂は昨年2月、古民家風の造りに改装し評価は上々とか。

 一昨年、湯亭こんやから名称を変更。名称のほか「縁結び」を前面に出したサービスも盛り込み、20~30歳代のカップル、女性客が年々増えている。

●玉造散策-恋愛成就の人気スポット
 玉造温泉周辺では、十数カ所に旅館が集積。エリア内には川辺の足湯が2カ所。源泉かけ流しで少々熱めだが「あつい」「ぬるい」の表記に従えば、熱い湯が苦手な人でも安心。昨年夏には、新たに屋根付きの足湯も完成した。周辺には足湯セット(タオル、カゴ)や浴衣を貸し出している旅館もある。

 玉作湯神社では、触れれば願いがかなうという「願い石」があり、恋愛成就などで地元女性に人気のスポット。エリア内には「恋来井戸」「恋叶橋」といった恋愛にちなんだ名所が数多く、温泉の美肌効果への期待も重なり女性の注目を集めている。

 玉造のシンボル・まがたま作り体験や、出雲玉作史跡公園など散策スポットが目白押し。紺家ではオリジナルの散策ガイドを作っている。

●松江観光-冬場はこたつ船で堀川めぐり
 松江観光には市内を周遊するバス「レイクライン」が便利。松江城や県立美術館、宍道湖周辺など主要観光施設を巡り500円で1日乗り放題になる。

 松江城の堀を巡る堀川遊覧船は市中心部を回遊し、松江城や武家屋敷などを見られる。途中、16の橋の下を通り抜けるが、身をかがめなくては通れない低い橋もあり乗船者同士のコミュニケーションがとれる。延長3.7㎞、50分。大人1200円。11月上旬~4月上旬はこたつが用意されるが、吹き抜けなので寒い日の利用は覚悟が必要かも。

●申し込み-2人以上の利用が条件
 申し込みは専用電話0088-24-8383。利用期間3月21日までで、2人以上の利用が条件となる。パンフレットは県下主要駅などで配布している。

本誌:2010年2.1号 23ページ

PAGETOP