WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルコムパス

auショップ倉敷沖を改装 テーブル接客でCS高める

  • 会話しやすいテーブルカウンターを採用

 コムパス㈱(岡山市北区下中野1222-7、植野伸社長、資本金5000万円)は、9月27日、倉敷市沖67-5の「auショップ倉敷沖」を建て替えオープンした。

 新店舗は鉄骨平屋(181㎡)の規模で、旧店舗と比べ売り場面積を1.4倍に拡張。工事期間に使用した隣接する仮店舗(66㎡)は事務所、バックヤードとして活用する。

 通常の接客カウンターのほか、県下では珍しいテーブルタイプのカウンター3ブースを設置。顧客との距離が近く密なコミュニケーションが取れるほか、同伴者にも説明しやすいメリットがある。

 また、タブレット端末を持ったフロアアドバイザーを配置し、フロア接客にも注力。カウンターに案内する前にヒアリングすることで、1人当たりの接客時間短縮を図る。

 定期イベントとして、スマートフォンやタブレット端末の体験会などを月1、2回のペースで実施する計画。営業時間は午前10時~午後7時。駐車場は10台分。リニューアルにより、前期比1.5倍の契約台数獲得を目指す。

本誌:2014年10.13号 11ページ
関連リンク:コムパス

PAGETOP