WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルはるやま商事

破たん会社の事業を継承 カジュアル部門強化へ

 紳士服販売のはるやま商事㈱(岡山市北区表町1-2-3、治山正史社長、資本金39億9136万円)は10月1日、経営破たんした紳士衣料製造小売りの㈱テット・オム(東京都)の事業を、9月17日付で設立した「㈱テット・オム」で引き継いだ。

 事業譲受額は非公表。新会社の社長は野村耕市㈱モリワン社長が兼務。資本金は5000万円で、はるやまが全額出資した。デザインノウハウを活用しカジュアル部門の強化を図るのが狙い。店舗約30店と正社員30人などを引き継ぎ、旧会社は清算する方針。

本誌:2014年10.13号 6ページ

PAGETOP