WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル靴のタツオカ

神戸の職人と提携し紳士靴オーダー開始

  • あなただけの1足を

 靴のタツオカを経営する㈱立岡孝一商店(岡山市北区表町2-1-50、立岡洋子社長、資本金1000万円)は、9月27日、神戸の靴工房㈱ドクターフィットと提携し、オーダーメード紳士靴の取り扱いを始めた。

 重度の椎間板ヘルニアを患った経験から体に負担のない靴を追求し、勉強会を開くなどしてきた同店の立岡海人専務が、「突き詰めるとオーダーしかない」と一念発起。提携先を求め靴の街神戸の異業種交流会に出向き、職人の感覚に頼らず測定できるシステムを持ち、グラデーションなど多彩な染めの技術でも評価の高い同工房の山本真義社長に依頼した。

 靴のタツオカで計測したデータとデザインを同工房に送り製作する。価格は3万7800円~。納期は約40日。

 今後イベントなどで出張受注会を開きアピール。来年には婦人靴のオーダーも開始する。「デザインの自由度で若者にもオーダーを広げたい」(立岡専務)とブライダル事業者とのコラボも模索。将来的には整形外科と提携して外反母趾や糖尿病患者用の靴を手掛けることも視野に入れる。

本誌:2014年10.13号 8ページ

PAGETOP