WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[健康] 9月9日は重陽の節句 菊の効能とは

Q:「菊」で健康や長寿を願う「重陽」の由来やしきたりを教えて下さい。

古来より不老長寿の妙薬として利用

A:「重陽(ちょうよう)」とは、「端午の節句(5月5日)」や「七夕(7月7日)」等で知られている「五節句」の1つで、9月9日にあたります。 東洋医学の基本原理である「陰陽学」では、数字の偶数は「陰」、奇数は「陽」と考えられており、「陽」のなかで一番大きな数字である「9」が2回重なった9月9日を、陽の極まった大変重要な日として、古来より様々な宮中行事が行われてきました。 また、季節の変わり目であり、秋の収穫の時期とも重なることから、無病息災を祈り、収穫を祝う「お九日(おくんち)」という民間行事としても伝えられています。 「重陽」は別名「菊の節句」と呼ばれるように、様々な形で菊を利用します。○菊の花を浸した「菊花酒」を飲む ○菊の花のお茶「菊花茶」を飲む ○早朝に菊花に溜まった朝露を飲む ○前夜から菊花に綿を被せ、その綿で身体を拭く 等
「菊」は別名「延寿客」や「翁草」とも呼ばれ、古来より不老長寿の妙薬として利用されてきました。 古代漢方書「本草綱目」にも、菊の花や苗は食用、花は酒や茶、根は薬、干し花は枕によいと記されています。  現代でも、菊の様々な効能を漢方薬として活用しています。

○菊の効能:

「清熱疎風」:喉の痛みや頭痛、めまいを改善する
「養肝明目」:肝臓を養い、目の働きを改善する
「清熱解毒」:炎症を治し、毒素を消す
「血圧降下」:毛細血管を拡張し、血圧を下げる
 その他、菊の花には空気を浄化する作用もあるといわれている。

手軽に菊の効用を得るには「菊花茶」がお勧めです。

○菊花茶のいれ方

 ・急須に市販の菊花茶または菊花(必ず食用の菊花)を3g(花5~6個)入れる。
 ・よく沸騰したお湯を入れ、軽く振り混ぜてから、お湯を捨てる。
 ・もう一度お湯を入れ、1~2分蒸らしてから戴きましょう。
  ※花や茶の色を楽しむために、ガラスの急須がお勧めです。
  ※市販の菊花茶では無い場合、菊花に少量緑茶を加えて下さい。
 
現代では、旧暦から新暦に変わった関係で、「重陽」の時期には菊があまり咲いていないため、「重陽」の風習が廃れてしまいましたが、一部その名残が菊人形展や菊花展として伝えられているようです。  
 もうすぐ敬老の日でもあり、先人があみ出した素晴らしい風習を、健康で長生きのための
知恵として復活させましょう。

オーパス代表取締役
東洋セラピストカレッジ学院長
本間 裕康氏
岡山市北区本町10-22
TEL086-231-9213

本誌:2012年9.3号 22ページ

PAGETOP