WEB VISION OKAYAMA

話題県損害保険代理業協会

50周年記念事業を開催 10月13日シンフォニーH

 (一社)岡山県損害保険代理業協会(片山彰造会長)は10月13日午後1時から、岡山市北区表町1-5-1の岡山シンフォニーホールで設立50周年記念式典と記念事業を開催する。

 昨年東日本大震災やタイの洪水など災害が相次いだことから「防災・減災を考える」をテーマに設定。記念事業ではテレビでおなじみのコラムニスト・勝谷誠彦氏が、日本で起きている災害の実態を踏まえ、「国難の時代をどう生きるか。」について話す。時間は午後3時半~、定員2000人。

 このほか、㈱野村総合研究所の野崎洋之氏が「ハザードマップの読み方」(定員100人)、(一社)日本損害保険協会常務理事の栗山泰史氏が「地震保険を考える」(同2000人)をテーマに講演する。会員対象の記念式典では、50年の歩みを冊子にまとめ配布する。

 いずれも参加無料。要申し込み(10月10日まで)。問い合わせは同事務局(電話086-270-7861)へ。

 同協会は関西代協から独立し、1962年4月設立。352の損保代理店(2012年3月末)が加盟している。

本誌:2012年9.3号 12ページ

PAGETOP