WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルアール・エステートサービス

不動産証券化事業に参入 信託受益権売買増にらみ

 両備グループの㈱アール・エステートサービス(岡山市北区京橋町9-23、松田久社長、資本金9700万円)は、このほど、第2種金融商品取引業の登録を行い、不動産の流動化(証券化)事業に参入した。

 不動産をいったん信託し、発生する賃料収入(経済的利益)などを受け取る権利「信託受益権」の売買が首都圏を中心に増えていることから参入を決めた。ファシリティマネジメント(不動産総合管理)事業者として、信託受益権の売買や設定を目的とする不動産取引の仲介業務などを手掛け、顧客の資産運用をサポートする。初年度売上高目標は4500万円。

本誌:2012年9.3号 10ページ

PAGETOP