WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル水島信用金庫

こども金融スクール開講 児童に適切な金融知識を

  • 現役職員が紙幣の数え方指導

 水島信用金庫(倉敷市水島西常盤町8-23、篠山高明理事長、出資金2億600万円)は、8月17日、本店で「第5回みずしんこども金融スクール」を開いた。

 児童に適切な金融知識を身に付けてもらうのが狙い。当日は小学5、6年生の児童40人が参加。職員からお金の基礎知識、お金の流れ、金融機関の役割などの説明を受けたほか、ハンバーガー作りゲーム、お金の雑学クイズなどで知識を深めた。

 体験学習では営業室やドル紙幣鑑定機を見学したほか、模擬紙幣を使って紙幣の数え方を学習した。

PAGETOP