WEB VISION OKAYAMA

話題瀬戸民芸

ご当地萌えキャラ商品化 キティに並ぶ売れ行き

  • 萌えキャラがシールに

 土産物販売の㈲瀬戸民芸(岡山市南区泉田341-10、近藤聡司社長、資本金650万円)は、岡山のご当地萌えキャラをシール化し、県内の土産物売り場で販売している。

 商品化したのは瀬戸農産物加工企業組合が販売する県産フルーツを使ったゼリー「じゅれみっくす」のキャラクター。JR岡山駅構内さんすて南館内にある直営店「せとみん」で販売が好調だったことから着目した。

 商品名は「じゅれみっくす岡山限定ぷくぷくシール」。樹脂製の半立体型で、6人のキャラクターをデザインした大小さまざまなシール29枚が台紙に散りばめられている。価格は315円。

 3000枚作成し、6月に発売。同月に月間50枚を販売するなど同社のご当地キティ商品並みの売れ行きという。アニメ関連イベントで販売したいなどの引き合いもあるが、まずは既存の販売ルートで年内の完売を目指す。

本誌:2012年9.3号 9ページ

PAGETOP