WEB VISION OKAYAMA

話題ナゴヤ機工

インドネシア料理店が好評 現地ビジネス情報を発信

  • インドネシアの情報収集場に

 アルミ、プラスチック加工などの㈱ナゴヤ機工(倉敷市中庄2436-1、野口基好社長、資本金1000万円)が経営しているインドネシア料理店「スタイルバリ ブランブラン」(倉敷市中庄2248-2)。インドネシア人との交流や情報交換の場として好評となっている。

 同店は、野口社長がインドネシア人の研修生受け入れのため現地を訪れる中、その風土にほれ込み「魅力を岡山に広めたい」と2010年にオープンした。イスラム教信者の多いインドネシア人は、戒律により食べることを禁じられている食材が多いことから、イスラム教の作法に準じて調理、加工したハラール認証食材を使用。県内で本格的なインドネシア料理を提供する店舗がほとんどないことから、東南アジアへ進出している県内企業が現地人を招いての懇親会などに利用している。

 また、野口社長自ら定期的にインドネシアを訪れ最新の現地情報を収集しており「今後、インドネシアに進出を検討している企業に対して情報収集の場として利用してもらいたい」と話している。同店では、バリ島から直輸入した服や雑貨なども販売している。問い合わせは同店(電話086-464-5858)へ。

PAGETOP