WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルカワニシホールディングス

主力の医療器材好調推移 増収効果等で利益も伸長

 ㈱カワニシホールディングス(岡山市北区今1-4-31、野瀬洋輔社長、資本金6億775万円)は、1月31日、増収増益の2011年6月期連結中間決算を発表した。

 売上高305億4800万円(前年同期比9.8%増)。主力の医療器材事業で、手術関連消耗品や整形外科関連商品の販売が順調に推移。

 経常利益2億7700万円(同204.7%増)、中間利益1億5500万円(同343.7%増)。増収効果のほか、連結子会社の合併に伴い法人税等調整額が減少し、中間利益は大幅に伸びた。

 通期の業績予想は売上高600億6400万円、経常利益4億6700万円、当期利益2億100万円。

PAGETOP