WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルジョイワン

焼き鳥「とり地蔵」開店 認知度向上でFC加速へ

  • 産直にこだわった鶏肉が自慢

 飲食店経営の㈱ジョイワン(岡山市北区野田屋町2-6-22、畑中泰社長、資本金400万円)は、10月18日、岡山市北区柳町2-2-9に焼き鳥居酒屋「とり地蔵岡山柳町店」をオープンした。

 鶏肉は、山口県産の「長州鶏」を生産農家から直接仕入れ、タレや塩もオリジナルのものを使用。焼き鳥は1本105円から。宴会もできるように一品料理も約40品扱う。店舗面積は、148.5㎡で116席。洗い場とドリンクバーを並べて設置するなど厨房の効率をアップさせ人件費を抑えている。営業時間は午後5時~深夜零時。無休。総投資額は、約1000万円。

 同社は、岡山駅前を中心に「和風創菜居酒屋伍右衛門」「元祖居酒屋がってん八兵衛」などを運営しており、柳町店が12店目。4年前にとり地蔵の1号店を岡山駅前にオープンしており、複数店を展開することで認知度を向上させ、全国へのFC事業も展開している。

本誌:2010年11.15号 12ページ

PAGETOP