WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルイズミ

DSイズミ津山店開業 GMS模様替えし再出発

  • 県北では珍しいディスカウント店

 大手総合スーパーの㈱イズミ(広島市南区京橋町2-22)は11月5日、津山市伏見町50の津山店跡に、ディスカウント店「DSイズミ津山店」をオープンした。

 約7900㎡の敷地に、鉄骨平屋(約3900㎡)の規模。店舗面積は約2500㎡。食料品のほか実用衣料、日用雑貨品を取り扱う。駐車場は約80台分。営業時間は午前9時~午後10時。投資額は約9億円。

 同所では総合スーパー「イズミ津山店」を運営していたが2009年2月に閉鎖。用地活用策を模索していたが、周辺住民の食品スーパーに対する要望が強く、業態を変え再出発することになった。

 県北地域では大黒天物産㈱(倉敷市)運営の「ラ・ムー津山店」(津山市林田73)、「ディオ久世店」(真庭市惣138-2)といったディスカウント店はあるものの、県南地域と比べまだ数は少なく、DSイズミの出店が低価格競争の引き金となる可能性を秘めている。

本誌:2010年11.15号 12ページ

PAGETOP