WEB VISION OKAYAMA

Flash EyeJR西日本岡山支社など

岡山駅に新名所 2人の“TARO”が集う

  • 陶板レリーフと桃太郎像の前でテープカット

 JR岡山駅1階に観光スポット「TARO’s SQUARE」がオープン。1972年の山陽新幹線岡山駅開業を機に設置された故岡本太郎氏による陶板レリーフ「躍進」の前に、2007年まで同駅2階に展示されていた桃太郎像(高さ1.7m)が10年ぶりに“復活”した。

 周辺は西粟倉村の間伐材を使ったパネルなどで装飾し、岡山を訪れた観光客らの憩いのスポット、午前11時~午後5時は隣接するカフェのオープンテラス(20席)として活用。西日本調理師専門学校(岡山市)が開発した桃太郎や鬼、犬などをデザインしたラテ、鬼ヶ島をイメージしたチョコレート菓子などを提供する。運営は㈱ジェイアールサービスネット岡山(岡山市)。

 7月15日には、岡本氏に制作依頼した山陽放送㈱(岡山市)の原憲一会長、創立10周年時に桃太郎像を制作した(公社)岡山青年会議所の高見宣哉理事長、JR西日本の森本卓壽岡山支社長らが参加し記念セレモニーが行われた。

本誌:2017年夏季特別号 2ページ

PAGETOP