WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルミツバファクトリー

手もみ屋全店に新予約システム 店舗間流動で稼働率90%目指す

 ㈱ミツバファクトリー(岡山市北区丸の内1-7-12、江見慎之介社長、資本金5500万円)は、このほど、リラクゼーション店「手もみ屋本舗」全店に新予約システムを導入した。

 GPS機能を使い、スマホで近くの店舗のキャンペーンや空き状況を確認できるほか、早期予約には割引価格の設定も可能。マイページを用意し、会員が利用履歴を確認できるほか、クレジットカード決済にも対応した。

 従来の予約システムでは、よく利用する店舗の情報しか見られず顧客の固定化が進んでおり、店舗間の流動性を促進し、スタッフ稼働率を現状の60%から90%まで引き上げる考え。また、ネット予約を増やすことで、施術中の電話対応によるサービス低下を防ぐ狙いもある。

 独自開発のシステムで、今後美容室、ネイルサロン、ペットサロンなどに利用を提案していく。江見社長は「予約が空いていればディスカウントするなど、待ちの商売から攻めの商売に替えられる。顧客だけでなく、歩合で働くスタッフの満足度向上につなげたい」と話している。

PAGETOP