WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルパソナ岡山、両備グループ

研修と旅行をコラボ 参加率高め効果も向上

 ㈱パソナ岡山と両備ホールディングス㈱、㈱リョービツアーズ(いずれも岡山市)は、3月17日、マネジメントやリーダーシップ、モチベーション向上などの研修と社員旅行を組み合わせた「研修ツーリズム」の販売を開始した。

 観光や釣り、ハイキング、クラフト体験などを楽しみながら社員間のコミュニケーションを深めることで「ディスカッションやワークの質が高まるなど、学びの効果が上がる」(パソナ岡山)のが特徴。参加率の低さから福利厚生費に計上できないという社員旅行の問題も解消できるという。観光と研修を組み合わせたツアーは中四国初。

 パソナ岡山が研修プログラムを作成し講師を派遣。リョービツアーズが旅行部分を組み立て、両備HDが移動手段を提供するなど3社がノウハウを生かしオーダーメードの旅行を構築する。

 参加率の低下などで社員旅行の実施率が5割程度に落ち込んでいるとされる中、新たなニーズを掘り起こしたい両備と研修の幅を広げたいパソナ岡山の狙いが合致し、コラボが実現した。初年度50件の実施を目指す。

 問い合わせはパソナ岡山教育研修企画部(電話086-212-1333)またはリョービツアーズ岡山支店(同201-1150)へ。

本誌:2017年4.3号 12ページ

PAGETOP