WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルウエスコHD

水族館運営子会社を設立 SMBCと連携し事業拡大

 総合建設コンサルタントなどの㈱ウエスコホールディングス(岡山市北区島田本町2-5-35、山地弘社長、資本金4億円)は4月3日付で、水族館事業に特化した新会社「㈱アクアメント」を設立する。

 2010年から指定管理者として神戸市立須磨海浜水族園を運営しており、水族館事業のさらなる拡大などを図る。ウエスコHDは3月30日付で、㈱SMBC信託銀行(東京都)と水族館事業での連携協力に関する協定を締結しており、同行とともにアクアメントが2020年3月開業予定の四国水族館(香川県宇多津町)の開発、管理運営に参画する。

 資本金は5000万円で、ウエスコHDが100%出資。神戸市中央区生田町2-2-2のウエスコ神戸支店ビル内に本社を置き、代表取締役には㈱ウエスコの大倉一夫取締役が就く。

 また、ウエスコHDは、子会社の㈱ウエスコ住販(岡山市)を解散し、6月末までに清算する。県北で展開する住宅分譲地の価格下落が予想されることから、不動産事業を縮小しウエスコに事業、人員を移す予定。

本誌:2017年4.3号 8ページ

PAGETOP