WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル三宅商事本社跡

地裁で10月期間入札  売却価額は1515万円

 岡山市問屋町の岡山県卸センター内に立地する三宅商事(株)の本社跡の土地、建物が競売にかけられ、岡山地裁で10月に期間入札が実施される。売却基準価額は1515万5000円。事実上の最低売却価額となる買受可能価額はその2割引きの1212万4000円。

 同施設は、同市問屋町11-102に立地。敷地は322平方メートル。建物は鉄骨鉄筋6階(延べ1033平方メートル)。入札期間は10月4~11日。開札は18日。売却許可決定は24日。

 三宅商事は呉服・婦人服・貴金属卸を営んでいたが、昨年1月27日に同地裁に民事再生法適用を申請し倒産した。(株)東京商工リサーチ岡山支店によると、負債総額約21億円。

 岡山県卸センターは、ここ数年、小売店出店が相次ぎ、急速に街並みを変えつつある。

PAGETOP