WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル両備グレースタクシー

「女性による女性のための」タクシー 乗務可能な女性執行役員も誕生

  • 高級感漂う車両と制服

 両備グレースタクシー(株)(岡山市国富1-14-14、小嶋光信社長、資本金2000万円)は、女性運転手に特化した新業態のタクシー事業を年内にも開始する。通園・通学、塾の送迎など、女性の子育て支援を主体にサービスを提供し、新たな需要開拓につなげる。

 グループデザイン顧問の水戸岡鋭治氏による、イエローを基調にオリーブグリーンの文字が入った特注車両を10台(小型)導入。外装と同色の総革張りシートで、ワンランク上の高級感を出している。全車禁煙。投資額は約1億2000万円。

 普通免許取得3年以上を条件に、乗務員「おもてなしスタッフ」を約15人新規採用する予定で、勤務時間は午前8時~午後5時で相談に応じる。祝日・日曜日は休日。所定の勤務時間を満たせば給与20万円を保障する。子育て支援策として提携保育園も用意する。

 また、同グループでは初めて管理職(女性)を公募し、両備ホールディングス(株)人事部係長の槙尾恵氏が執行役員営業本部長に就任。2種免許を取得し、現在は乗務訓練を受けている。女性管理職によるタクシー事業運営は全国初という。

 同社は、岡山空港タクシー(株)(岡山市)を8月1日付で社名変更したもので、約40人の乗務員はグループタクシー会社に移籍している。

本誌:2007年9.24号 10ページ

PAGETOP