WEB VISION OKAYAMA

ニューフェイス西日本三菱自動車販売(株)岡山支店長 中田啓二郎 氏

「出身地で拠点長」の夢実現 経営感覚身に着けた社員に

 岡山三菱自動車販売(株)などメーカー直営販社9社統合により、7月1日付で「西日本三菱自動車販売(株)」が誕生。同日付で取締役第二営業本部長兼岡山支店長に就任し「出身地にある岡山三菱自販で社長を務めるのが夢だった。肩書きは以前とは違うが、業務を通じて地元に恩返しをしたい」と抱負を語る。「まずは地域の支店として安定して利益を出せる体制を整え、社員が誇りを持てる会社を目指す」考え。

 岡山地区(旧岡山三菱自販)の年間販売台数は8072台(19・3期)。最近は自動車業界全体が縮小傾向だが、9月に新型セダン「ギャラン フォルティス」が発売されたことで「来店動機が生まれ客数が増える。直接車両購入につながらなくても車検などのサービスを促す機会が増え販社にとって刺激になる」。車両の充実を追い風に、年間販売台数5%増を目標に挙げる。

 社員には「自発的な提案と、経営に対する意識を高めてほしい」と呼び掛ける。岡山で暮らすのは23年ぶりで「道路整備が進んだほか、ヤマダ電機やユニクロがあり首都圏とそん色がない」と、町の変ぼうぶりに目を見張る。メーカー直営販社では最年少の取締役という“若さ”だが「骨を埋める覚悟で職務を全うする」ときっぱり。

 なかた・けいじろう。岡山市出身。昭和58年慶応義塾大学法学部を卒業し三菱自動車工業(株)に入社。振り出しは水島製作所で投手として野球部でも活躍していた。前職は国内推進本部中部地区統括部長。趣味は酒の収集。自宅には、愛飲する芋焼酎を中心に豊富なラインナップを揃えているとか。東京の自宅に光恵夫人(47)、2男を残し岡山市内で単身生活。47歳。

本誌:2007年9.24号 21ページ

PAGETOP