WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルケイファミリー

岡山駅前に新業態店 うどんと丼、夜はバー

 セルフうどんさざなみを展開する(株)ケイファミリー(岡山市浜松町3-2、近土雅史社長、資本金1000万円)は、10月下旬、岡山駅前町1-1-119にフルサービスの新業態うどん店「KONDOYA岡山駅前店」をオープンする。

 木造3階(延べ166.96平方メートル)のビルを賃借し全面改装。1、2階をファストフード店風の明るい店舗とする。席数は1階37席、2階32席。魚介でだしの風味を高めたうどんと、イクラやウニ、アワビなど使った海鮮丼を中心にセットメニューなどを提供する。

 2階は夕方から照明を切り替え、駅前の夜景を望むカフェ&バーとして営業。創作料理や客の目の前で注ぐと瞬時に液体からシャーベット状に変わる新感覚のカクテルなど多彩なドリンクを用意。北京五輪などのイベントシーズンにはスポーツバーなども催す計画。

 営業時間は午前11時~深夜1時。セルフ店で培った仕入れルートを活用し価格を抑えた海鮮丼で差別化。学生や女性客なども気軽に食事できる店舗を目指す。うどん店の客単価は800円、バーは3500円を想定。年間1億2000万円の売り上げを見込む。総工費は約7500万円。設計は(有)CDS設計(岡山市)、施工は(株)共栄店舗(福山市)。

 10月20日には「KONDOYAイオン津山店」を開業。来春には関西地区への進出も計画している。同社は、KONDOYA展開のため、9月10日、運営を担当する(株)こんど家(同、同、資本金800万円)を設立した。

本誌:2007年9.24号 12ページ

PAGETOP