WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルイノベーションゲートウェイ

格安スマホの新業態店 ライトユーザー開拓へ

  • 新業態の「ジョイモバイル」

 ソフトバンクショップなど展開の㈱イノベーションゲートウェイ(岡山市北区野田3-2-8、田原正弘社長、資本金8500万円)は、9月17日、岡山市北区幸町1-7に格安スマホとモバイルアクセサリーの新業態店「ジョイモバイル」をオープンした。

 同社経営の「ソフトバンク幸町県庁通り」(65㎡)を改装。複数事業者の格安スマホを取り扱うのが特徴で、まずは基本料1580円~のユーモバイル(USEN系)とスマモバ(光通信系)を販売する。モバイルアクセサリーは自社が国内総代理店として展開する「ジョイソケッツ」を中心に品揃えした。ライトユーザーを集客し、年間700契約、ジョイソケッツ4000個の販売を目指す。

 一方「ソフトバンク幸町県庁通り」は、北東向かいのセブンイレブン跡(170㎡)に移転、同日「岡山駅前」としてオープンした。イオンモール岡山内にもワイモバイルショップ、モバイルアクセサリー店「Lupine」、iPhone修理の「リンゴ屋」を展開しており、今回の出店で半径150mに5店が集中。田原社長は「各店が連携して幅広いニーズにこたえることで、顧客の囲い込みを図りたい」としている。

本誌:2016年秋季特別号 8ページ

PAGETOP