WEB VISION OKAYAMA

連載記事河村まどか マナー講座

育ちがよく見えるために

 現在においても、「育ちが良い・悪い」との言葉について悩んでいらっしゃる女性からの相談を受けること多々あります。貴方様におかれましては、そのような言葉を口にしてはならぬことは重々ご承知のことと存じます。しかしながら、社内や取引先にてそのような言葉を投げかけられた女性が、「育ちがよく見えるために」と、お悩みになり相談にお越しになるのです。

 ここでは記載できませんが、その件に関しての考え方について、マナーの観点からお伝えできる限りの励ましの言葉を贈るようにしております。とは言え、社内での生活において、または勤務時間外の同僚や上司との会食においても、常に品位ある女性でありたい、と誓ってわたくしにご相談下さるわけですから、ありきたりのマナーレッスンに留まらずさまざまな項目の考え方についてディスカッションしております。

 その一例です。

 ①社内で、個包装にしてあるお煎餅を頂いた時、どのように食べている?→袋の中で割ってから食べましょう。1枚そのまま出して、噛みつかないように。

 ②社外イベントで食べ歩きのお店にてお付き合いで購入。全く購入しないよりは参加する姿勢は大切ね。だけどその時の食べ物、本当に食べ歩きながら頂く?→多くの方々が食べながら歩いていてもよ~くお考えになって。少し端による。ベンチを探す。他の方々のごみも受け取れる袋を用意する…。

 ③個包装ではないお菓子を社内の人に分ける場合、もしやティッシュの上に置いていないでしょ?→それぞれのお皿を用意することができない場合は、せめて懐紙の上に取り分けて差し上げては?

 ④コロナ禍においてお茶をお淹れするのではなく、お客様それぞれにペットボトルにお茶お出しするようになったとのこと。まさかペットボトルのみお出ししている?→人前でペットボトルのままお飲みになることに抵抗のあるお方もいらっしゃいますよ。せめて紙コップを添えてはいかがでしょう?そのお気持ちを理解できるようになりましょう。

 ⑤本日も素敵なお洋服でお越しですね。会社にその丈のタイトスカートで出勤なさることがありますか?→あります。だけど男性も同室ですし、座っている時にはハンカチを膝に置くようにしています。(ハンカチは人前でずっと出しておくものではありません。そしてお膝とお膝の間を開けてお座りになることがないように今日から、お行儀に気を付けた座り方を練習しましょう。特別な時だけではなく日常生活において常にお気をつけになって下さい。→え?大変ですね。疲れます。→それでは当面はまずは、スカートの丈に気を付けことを優先なさりながら、振る舞いの練習をなさっては?)

 ⑥私のお話をメモを取って下さり、お伝えをする励みになります。ありがとうございます。いつもそのペンをお使いになってるんですか?→はいそうです。おまけでもらったんです。(お相手への気持ち、敬意の現れとして、おまけで頂いた商品名が大きく入っているペンは、おうち用になさっては?ほんの少し丁寧なペンをお持ちになるだけでも印象が変わりますよ。そして、ペンの持ち方・鉛筆の持ち方も小学校1年生の時に習った持ち方を思い出して。鉛筆の持ち方のアレンジはなさいませんように。可愛く見えているのではなく、鉛筆の持ち方すら出来ていない。と大人は見なしますよ)

 ⑦社内にお越しのお客様が、遠くに座っているのにご覧になっている視線を感じます。おじさんって嫌ですよね、直ぐに若い女の子を舐めるように見てくる。(社外ではなく社内にお越しになるお客様の中には、会社や従業員の雰囲気を感じることにより、会社の評価を心の中で行うお方もいらっしゃいます。どんな雰囲気の従業員を雇用している会社かな?というのは気にかかるところですよ。視線を感じと時には、視線を感じていないふりをして、ツンとした態度を取り続けるのではなく、遠くであったら目礼をするようにしましょう。)

 ⑧今日は私がドアの開け閉めをしましたが、ちょっとドアを開けて、出入りをして頂いて良いですか?→え?何か決まりがあるのですか?気にしたことがないです。→ドアを閉める時に、音を立てたことはありますか?→会社のドアはここのドアをより重くて“ガチャン”と音が立つドアなんです。→(このように先にドアノブをひねっておきて締めてみては?音は立ちませんよ)

 ⑨〇〇さんのお話の仕方はとても愛らしくて素敵ですよ。とても柔らかいお声です。話す時の首の位置は気に変えていらっしゃいますか?→何も気にしてませんが…?→(そうなのですね。首をかしげてお話になっていることが多いんです。特に答えの判らない時に一生懸命お答えになろうとして下さっているのが判るのですが、首をかしげるていらっしゃる姿勢を、お相手に反感があるような態度と思われると、〇〇さんの前向きさが伝わらず残念なことになってはいけません。姿勢を正している方が、お相手に前向きな印象を与えることが出来るので、姿勢も含め聞く態度を練習していきましょう)

 ⑩トイレットペーパーは三角折りになさらくても結構です。→(三角折りには意味がありますので、日常はなさいませんように。私が結構です。もしくはご遠慮なさった方がよろしいかと。とお伝えする時は、してはダメ。と言っていることと思って下さいね。柔らかい言葉の理解も必要ですよ)

 ⑪トイレのふたはご使用後は、いつもお閉めになっていますね。

 ⑫お仕事中に、ご自身のみがお使いになっている机の上であっても、髪の毛に付ける物は置かないで下さい。どんなに美しいデザインの清潔な物であってもお置きにならないように。どんなに美しいバッグであってもテーブルに置けないのと同じです。ちょっとした行動も理由をきちんと理解できたならば、あり得ない行動だとご理解いただけるでしょ?

 ⑬ご自身のみでなく、大勢の人と一緒にお話を聞いている場合も、足を組んで人の話しを聞いてはいけませんよ。お一人で業務を行っている場合ももちろんNGです。

 ⑭会議後のいすは、テーブル近くに整えておきましょう。お隣のいすや、お気づきになった時は、整えるようにしましょう。しかし、お座りになっていらっしゃる人はいらっしゃる前で、これみよがしに整えることはご遠慮なさった方がよろしいかと思います。

 ⑮お一人でデスクワークをなさっている時に、靴を半分脱ぎながらお仕事をなさいませんように。どうしても足が辛い靴であるならば、見た目を考慮して素敵なスリッパをご用意なさっては?今日のレッスンでのスリッパをご参考になさっては?

 ⑯ビルの集合オフィスでのエレベーターの場合は、見知らぬお方ともご一緒することが多くあると思います。見知らぬお方であっても、エレベーターを先に降りる場合には、「お先に失礼します」などごあいさつの言葉をスムーズに発することができる習慣は欲しいものですね。もしくは、目礼をする程度は。

 ⑰ヘアスタイル変えたんですね。とてもお似合いです。→(久しぶりにショートカットにしました。今まで長くして一つにまとめてばかりいたのでお洒落に過ごしたいなあっと思いまして。→とても軽やかで素敵です。だけど、その軽やかさがお仕事の方々にご理解頂けるかは謎です。お仕事の時間は、髪の毛のパサパサ感が無いように、整髪料を使って、ほんの気持ち整えてみては?お仕事を頑張っていらっしゃる雰囲気が最近めきめきと雰囲気に表れていらっしゃるので、より一層できる女性感が伝わりやすくなるはずです)要するに、ボサボサ頭と見なされてはマイナスであると伝えたいのです。

 ⑱お仕事上のお付き合いではあるのだけれども、男性上司に複数回お食事を御馳走になったことが気にかかる女性からの相談を受けました。→こちらの手土産とても喜んで頂けるアイテムなんですよ。ちょうどお取り寄せしたところだから、今後の参考にお一つどうぞ。→まずはその時に頂き物をしたお礼を述べる。→役立ったエピソードを後日報告し、もう一度お礼を述べる→次回お会いした時にもう一度お礼を述べる。これだけでも合計3度お礼を述べる習慣を付けましょう。そして、特に男性には、お食事を御馳走になったお礼として。と品物を渡す時にはお渡しする理由をキチント明確に述べましょう。不思議なもので、年齢に関らず、その件に関しては前向きすぎる男性が多いものです。自分のことを好きだから。と年齢に関らず勘違いなさるのです。その後のトラブルに発展しないためにも、きっちり理由は述べることをお忘れなく。とお若い女性には特にお教えしております。曖昧な態度は品位ない勘違いへの展開へとなりかえないことを、ここでは活字にはできませんが、丁寧に例題をあげお伝えしております。

 ⑲ご自身の心のうちに関する感想を口にする時にも粗雑な言葉を使用なさらないようにしましょう。「…じゃん」と思ったんです。「…じゃがと思います」

 ⑳食べ物、飲み物は一切、音を立ててはいけません。

 ㉑お客様にお出しするお茶の分量に気を付けて、たっぷりと注ぐのは逆効果です。9月と言えどもお暑い時期ですし、水分補給をたっぷりとの気遣いをなさる気持ちが、お行儀の悪い印象となっては残念です。コーヒーカップにお上品な分量のコーヒーを。そしてお水のグラスも添えて差し上げる。など他の方法を考えてみましょう。

 ㉒写真撮影をすることが不思議ではない世の中にはなっておりますが、ちょっとした撮影時も同席者に一言、お尋ねになる細やかさを持ち合わせておきましょう。お相手は撮影なさらない時には、はなからお控えになるお気持ちは持ちあわせておくべきです。お断りを伝えれば何でも許されるわけではありません。

 上記のようにさまざまな内容について、主題であるレッスンの合間のティータイムなどに、余談としてお伝えしておりますと、そうは申しても、教育、躾、は大切ですね。と受講者さま側からおっしゃって下さいます。言葉の使い方が正しいか否かは別として、育ちとの言葉がしっかりくると感じるお方もいらっしゃるのが事実です。貴方様が社内でお伝えになることは、お立場上、難しい項目も含まれていると思います。女性の皆さまが多くお悩みになっている内容について、貴方様がどのようなご感想をお持ちでいらっしゃるのか、ぜひお聞かせ頂ければと思います。

 お立場ある貴方様に直接、お伺いできない多くの女性の参考になることと思います。ぜひ忌憚のないご意見をお願いいたします。

本誌:2020年秋季特別号 24ページ

PAGETOP