WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル西大寺法人会

西大寺小で租税教室 西大寺高校生が講師役に

  • 高校生が児童に税について解説

 (公社)西大寺法人会(橋本明典会長)は、9月3日、岡山市東区西大寺上の西大寺小学校で県立西大寺高校の生徒が講師となり、児童に税金について教える租税教室を実施した。

 児童に税の仕組み、役割を正しく理解してもらい納税意識を養うとともに、高校生も税について学びながら、将来のビジネスに必要なプレゼン能力を高めてもらうのが狙い。

 同高校商業科3年生の課題研究「開放講座」の一環として実施。同法人会や西大寺税務署の協力のもと、6人が同小に出向き6年生3クラスを2人1組で担当した。「税金の種類はいくつあるか」などクイズを交えながら税の仕組みを紹介したほか、「もし税がなかったら…」をテーマにした国税庁制作のDVDを見た後、「納税は社会のルール。安心安全な社会のため正しく税金を納めることが大切」と訴えた。

 同法人会は2017年度に同事業を開始。昨年11月の「法人会全国青年の集い・大分大会」でプレゼンし、租税教育活動での奨励賞を受賞した。

PAGETOP