WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルモリマシナリーなど

AIで工具の選定・寿命推定 匠の技を次世代に継承

  • AI使い匠の技を継承

 精密機械メーカーのモリマシナリー㈱(赤磐市仁堀東1383、森郁夫社長、資本金2000万円)が、㈱両備システムズ(岡山市)、岡山大学と共同で取り組む、切削工具の選定・寿命をAIで推定する次世代工具管理システム(AIツールソムリエ)の開発が、経済産業省の「戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)」に採択され、9月11日、テクノサポート岡山で初の推進委員会が開かれた。

 工作機械の現場では、多品種少量生産が進み、管理する工具の数・種類も増加。IoT(モノのインターネット)導入による連続無人運転(スマート工場化)のニーズが高まり、熟練技術者が減少する中で、加工条件に応じた最適工具の選択や段取り工数削減、工具の再研磨時期の判断、技能者育成システムが求められている。

 今回の事業では、モリマシナリーが昨年開発した、200本以上の切削用工具を保管し、その日の加工条件に最適な1本を選択する「ツールソムリエ」にAIを組み入れ、各工具の欠け・摩耗管理と匠の技を超える工具選定・寿命推定が可能なシステムの開発を目指す。

 各工場のデータをつなぎ、ビッグデータ化する分散・協調学習を開発する岡山大学、画像AI技術の事業化を進める両備システムズが共同で取り組み製品化する。

 サポイン事業は2006年に施行された「中小ものづくり高度化法」に基づき、日本をけん引する重要産業分野の競争力を支えるものづくり基盤技術の高度化に資する中小企業の研究開発から、試作段階までの取り組みを支援するもの。3年計画で最大9750万円の補助を受ける。事業管理法人は(公財)岡山県産業振興財団。

本誌:2020年秋季特別号 6ページ

PAGETOP