WEB VISION OKAYAMA

連載記事

見た目は大切⁉

 貴方様のように、大変おもてになるお方が、女性に対して“見た目は大切”とおっしゃるならば、大きな誤解を生むのかもしれません。ならばわたくしが、貴方様のお気持ちを代弁いたしましょう。「外見はとても大切です」。外見の良い社員は、会社の印象を、一段と上げてくれます。貴方様の会社へ訪問なさった方々も、社員が上質であると、心からお褒めの言葉を下さることでしょう。 

 表情一つ変えず“オカメの仮面”のように、出迎えてくれるよりは、“かわい子ちゃん”が出迎えてくれるほうが、お客様だって“嬉しい”に決まっています。ミスコンテストや、レースクイーンについての思想が大きく非難されることもある時代に、マナーの先生が、何という問題発言を!と、驚かれたお方もいらっしゃることでしょう。ここでの、外見とは、生まれ持った外見のお顔が “かわいい” “キレイ” “体型が良い”と言っているわけではございません。フィニッシングスクールで、女性のレッスンを15年以上受け持っておりますと、女性の外見は訓練により、大きく変えることができる。努力で解決できるものと確信しております。

 姿勢・歩き方・話し方・声の質・お顔の表情の全てが美しく整っていれば、どなた様にも良い印象を与えることができます。ありきたりの研修において、新入社員研修などでも、「外見の大切さ」について、心理学者の名前を取り出して伝える研修を、よく耳にいたします。勉学的に発言するか、貴方様のように解りやすく発言なさるかの違いのみで、「我が社の新入社員は、かわい子ちゃんが良いぞ」との、貴方様のお考えは、何ら間違いではないのです。

 さて、そのかわい子ちゃんの作り方でございます。

 その①姿勢に気を付けること。私どもが申し上げている姿勢は、プロの接客用に訓練すべき「姿勢」作りです。背中のぜい肉が、ブヨブヨに見える姿勢なんてもってのほか!でございます。背中のぜい肉をギュイっと引っ込めた姿は、やる気に満ちた凛とした表情を作ります。

 その②お顔の表情は、トレーニング次第で、大変なかわい子ちゃんを作ることができます。決して、モデルの養成講座ではございません。かの福沢諭吉の学問ノススメにも、お顔について記されているのですから、高尚な事として推奨なさって間違いはないのではないでしょうか?

 ①、②をトレーニングすることにより、賢そうに見える小顔で、スタイルの良い「かわい子ちゃん」の誕生です。

 ※女性側の意見から申しますと、男性にむやみに軽々しく声をかけられない、凛とした美しい態度の女性になれます。決して、色気を売るために訓練をしているわけではございません。お客様に接する時に、同じ接客をするのならば、変に茶化されたりクレームを頂戴するよりは、経済的との意味です。

 その③そして、美しい声をプラスします。ガミガミお小言を言っている時の女性の声より、優しく励ましてくれる女性の方が、好感が持て、貴方様も、自然と優しくおなりになるはず。一筋縄にはいかない、貴方様をご機嫌にする①~③のセットを身に付けたならば、貴方様のみでなく、貴方様にご用事のある貴方様のお知り合いの皆さまが、訪問なさっても、皆さまご機嫌で、会話が弾むことでしょう。 

 ※ブスを雇うよりは、美人を雇った方がお客様からのクレームが少ない。との意見を、複数耳にしたことがあります。上記のように表現をしてしまっては、あまりにも言葉足らずで、問題になってしまいますが、ここでの、ブスとは、ふてぶてしい態度をとる人よりは、優しく思いやりのある人を雇いたいとの「内面」に関する意味です。

 この度は、「女性の外見」について著しましたので、いつもになく、身に引き締まる内容に十分配慮するべき内容となりました。上記の出来事は、男性社員の皆さまにも共通する内容です。幅広い思考力をお持ちの、貴方様ならばきっと、わたくしが論じようとする真の主旨にお気づきになったことと思います。内容以前に、どなたと接するにおいても、態度が大切であることを。

本誌:2018年3.19号 33ページ

PAGETOP