WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル岡山財務事務所

信金信組と合同勉強会 地域金融のあり方討議

 財務省岡山財務事務所は、3月6日、岡山市内で県内信用金庫、信用組合と合同職員勉強会を開いた。情報交換による各職員のレベルアップが狙いで、中国財務局管内で昨年12月から実施し岡山県内では初めて。

 当日は各営業店の職員ら約30人が参加した。4班に分け「金融機関と顧客との関係性」「仲介機能」の2テーマで討議した。「毎月各家庭を訪問し顧客との接点が持てる定期積金は信金・信組の原点の商品、再度力を入れるべき」「各行政機関でばらばらの補助金情報を一本化してほしい」-などの意見が出された。

PAGETOP