WEB VISION OKAYAMA

巻頭特集Ⅱ[岡山YEG25周年] 橋下徹氏講演会

経営者ら1400人が来場 大阪改革の事例から学ぶ

  • 活性化策を具体的に紹介

 岡山YEGは、昨年12月4日、岡山シンフォニーホールで弁護士橋下徹氏の講演会を開き、YEG会員のほか企業経営者など一般参加者を含め約1400人が参加した。

 橋下氏は「自治体が公共用地や公共財産などを民間に開放することで地域は活性化できる」とし、大阪府知事、大阪市長時代に取り組んできた大阪城公園西の丸庭園でのフリースタイル・モトクロスや天王寺動物園のナイトZOOなどの活性化策を紹介。「税金を投入せず、民間による柔軟な発想で土地や財産に付加価値を付けてGDPを増やすことができた」と話し、「若手経営者の皆さんが行政に積極的に掛け合うことで知事や市長の決断を動かし、岡山の活性化につなげてもらいたい」と呼び掛けた。

 企画・運営を担当したあきんど委員会の釜口竜雄委員長は「講演参加をきっかけに岡山YEGに関心を持ち、来年度入会する経営者もあり嬉しい」とイベントの波及効果を実感している。

本誌:2018年3.19号 15ページ

PAGETOP