WEB VISION OKAYAMA

巻頭特集Ⅱ[岡山YEG25周年] 創立25周年記念式典・祝賀会

650人集い四半世紀の節目祝う 次代の岡山開く長期ビジョン発表

  • 歴代会長に感謝状を贈呈

 岡山商工会議所青年部(岡山YEG)創立25周年記念式典が2月24日、岡山市北区駅元町1-5のホテルグランヴィア岡山で開催された。

 四半世紀の節目を祝おうと会員、OBをはじめ、県下のYEGや日本YEG関係者など政財界から650人が出席。記念式典は狩谷浩範25周年担当常任が宣言し開会。佐藤一平会長が「25周年を迎えた今年は、スローガンに“THE PRIDE for POWER 岡山の誇りを地域そして日本の力に”を掲げ、調和と結束を大切にする強いチームワークを誇りに活動し、岡山YEG同士の吉田大助君を日本YEG会長として送り出すことができたのは皆さんのおかげ。25年間の歴史、活動を受け継ぎ、これからも愛する郷土岡山の発展のため活動したい」とあいさつした。

 伊原木隆太知事、岡﨑彬岡山商工会議所会頭らのあいさつに続き、直近5年間(2012~16年度)の歴代会長に感謝状と記念品を贈呈。代表し半田雄三12年度会長が「この5年間で全国大会の開催、吉田大助日本YEG会長の輩出という2つの大きな事業を行うことができたのは、各年度で考えて長期ビジョンを一歩一歩進めた結果。次の5年間も新長期ビジョンを理解し前に進められるよう尽力してもらいたい」と話した。日本YEGから吉田会長への記念品授与もあった。その後、2018~22年度の新長期ビジョンを発表。「~次代の岡山を切り開け~郷土の名も無きHEROES!それが岡山YEG」を長期スローガンに、「情熱:事業活動は熱意の塊、気持ちに応え参加しよう!」など達成ための5カ条を掲げた。

 第2部では、岡山市民の日委員会、ビジネス推進委員会、政策提言委員会などが過去5年間の活動内容を報告。祝賀会では、IPU環太平洋大学のマーチングバンド部によるアトラクションなどがあり、華やかな雰囲気の中、節目の年を祝っていた。

本誌:2018年3.19号 14ページ

PAGETOP